オンライン入稿を活用する

費用を抑えて製本化

男性

趣味で同人誌を作っている方は定期的に新しい同人誌を作ったり、印刷してイベントなどで販売している人もたくさんいます。
個人で行う作業ですから、なるべく費用を抑えて品質の良い同人誌を作りたい方が大半です。
そんな時におすすめなのが印刷会社で印刷と製本化をしてもらう方法です。
現在はインターネットが普及しているので、ネットを介してデータのやり取りが行えます。
自分で作った同人詩のデータを印刷会社へオンライン入稿して、オフセット印刷をしてもらうことで、費用をかなり安くできます。
オンライン入稿というのは、インターネット上から印刷会社へデータのみを入稿する方法です。
業者が用意した専用サイトにアクセスして、自分のPC内にあるデータをアップロードしたり、FTPソフトを使って所定のサーバーにアップロードすることで、データを入稿できます。
オンライン上のデータのやり取りのみで印刷から製本まで依頼できるので、費用と時間を大幅に節約できます。
また、オフセット印刷という方法なら、版下を作らず直接プリントされるので、通常の場合よりも費用が安くなり納期も早くなるという利点があります。
小ロットに対応しているので、同人誌などを作る場合には最適な方法です。
出来上がった同人誌は自宅に送ってもらうことも可能ですし、イベントなどで販売する場合にはイベント会場へ送ってもらうこともできます。
時間をかけて自分で作った同人誌なので費用と手間を抑えるためにも、印刷や製本はプロである業者に依頼しましょう。

入稿から完成まで

印刷

同人誌を作成するときの製本に関しては自分で行うよりも同人誌を専門に扱う印刷業者に依頼した方が本格的な仕上がりになります。
ネット印刷を利用すれば手軽に同人誌が作れますので是非利用してみましょう。
同人誌を専門に扱っている印刷業者では独自のサービスを提供しているところが増えてきました。
印刷から製本まで行うのはもちろんですが、発送する際に直接イベント会場に発送することができるようなプランもあります。
同人誌といえども、人気作家になると発行部数も増えてきますし、何百冊もの同人誌を自宅からイベント会場へ運ぶのも簡単ではありません。
そのような場合イベント会場へ直接発送してくれるようなサービスを行っている業者を利用すれば自分の手間が省けます。
同人誌を作成する場合データ入稿の方法としてはデジタル入稿が増えてきましたが、アナログで作成した原稿に関してはデジタル入稿が不可能ですので、原稿を直接業者へ持参したり郵送で送付します。
原稿のデータが業者へ到着したら依頼主と製本の確認のやり取りをし、そのまま印刷に移行します。
印刷が仕上がって同人誌として完成するまでには業者によってかかる期間が異なります。
業者に依頼する前に確認すべきことは必ずしておきましょう。
確認を怠ると後々トラブルに発展してしまう可能性もないとは言えません。
特に初めて同人誌を作成する場合は分からないことが多いので、あやふやなまま発注するのではなくメールや電話で問い合わせて疑問点を解消した上で発注を行ってください。

最低限のルールは守ろう

冊子

同人誌の発行部数が増えてくると、印刷業者にお願いする事が多くなってくると思います。
初めて依頼をする時にルールをきちんと守っておけば、それ以降も円滑に利用する事が出来るようになるでしょう。
ここでは幾つかの守っておきたいマナーを紹介したいと思います。
まず、入稿後の修正をお願いするのは止めておきましょう。
多くの印刷業者は完全入稿を原則としている所が多いからです。
同人誌の原稿は手直しの必要が無く、完成していると言ってよい状態に仕上げておいて下さい。
入稿してからでも多少の要望は聞いてくれる業者があるかもしれません。
しかし、あまり良い行動とは言えませんので、止むを得ない場合以外は止めておくのが無難です。
これと似たような事で締め切りの問題があります。
どうしても締め切りに間に合いそうも無い場合は早めに連絡しましょう。
入稿前でしたら業者によっては日にちの変更をしてくれる所もありますし、追加料金や割増料金を払えば延長してくれる所もあります。
ですが、基本的に締め切りは守るものであるという事を肝に銘じて下さい。
また、どこの印刷業者でも共通ですが、露骨なコピー品や海賊版といった二次創作の同人誌はNGで受け付けてくれません。
業者にも迷惑が掛かりますのでこちらも止めておきましょう。
成人向けの同人誌を作成する場合は性的表現部分の修正は必須ですから、きちんと修正してから入稿しましょう。
どの程度修正すれば良いかは各業者のホームページを参考にして下さい。
以上の点を踏まえて印刷業者とお付き合いをしていけば、余計なトラブルを生む事は避けられるでしょう。