どこでも同じではない

自分に合った会社を選ぼう

プリント

同人誌を作成する際には印刷会社に依頼する必要があるのですが、日本にはこの印刷会社は多くあります。
ネットで検索をして多くの印刷会社が見つかり、どこの印刷会社に依頼をしたらいいのかと迷っている人もいるでしょう。
この印刷会社の選ぶ際には、入稿方法、納期、搬入方法を確認することが大切です。
最近では印刷会社への入稿はネット上で行える印刷会社が増え、手軽に入稿できるようになっています。
しかし、印刷会社によって対応しているアプリケーションが異なるケースもあります。
そのため、まずは入稿方法が簡単であるか、自分が使っているアプリケーションの保存形式が対応しているのかのチェックが必要になります。
また納期も選ぶ際には大きなポイントになります。
同人誌作成ではイベントまでには完成させておく必要があります。
どこの会社に依頼をしても同じと安易に頼むことで納期に間に合わないトラブルも発生します。
どの程度の納期が可能なのかもチェックしましょう。
同人誌のイベントまでに余裕をもって依頼をすれば搬入方法は大きな問題にはならないのですが、時間がない時にはイベント会場に直接搬入してくれる会社が便利です。
そのため、余裕があるときでも直接搬入をしてくれる会社を利用することをおすすめします。
もしもの時には大きな助けとなってくれます。
同人誌の印刷会社を選ぶ際には、自分に合ったサービスを提供している会社を選ぶことが大切です。
このような会社を1社でも見つけることができれば、安心して印刷を任せることができるでしょう。

品質を考慮しよう

本

同人活動を行なっている方、またこれから始めようとしている方にとってもどのような印刷会社を選択するかは、地味ながら重要なテーマであると言えます。
とくに初めての利用を考えている場合にはどのような点に注意して印刷会社を見極めればいいのかはなかなか難しいこともあるのではないでしょうか。
一つ重要になってくるのは当然のことながら金銭面です。
高品質の印刷は同人活動を行なう人すべての共通の希望だと思いますが、一方でなるべく安く同人誌の印刷を行ないたいと多くの人が思っているはずです。
この二つの相反する条件をいかに上手く妥協させるかが、同人活動における印刷会社選びの肝となります。
数多く存在している印刷会社のホームページを眺めてみても、同じ質の紙を使って同じ部数を印刷しても料金にはそれなりの開きがあり、なかには一万円以上の差が出てくるケースもあります。
また品質の面でも単純に良し悪しの差が出てくる場合もあれば、品質に問題がなくても自身の描画の方法に向いてない場合も出てくる可能性があります。
また価格と早さを考えればオンデマンド、品質と大量印刷時のコストを考えればオフセットと印刷方法そのものの選択も検討する必要があります。
このように同人誌の印刷については思っているよりも様々な条件が存在していてるところが難しいと言えます。
インターネットを駆使したり同人活動の先輩や知り合いの意見なども参考にしたりして、落ち着いて同人誌の印刷依頼する業者選びをしてみて下さい。

業者に依頼をしましょう

男の人と女の人

同人誌を作成する時には原稿や原稿のデータを業者へ持ち込んで、印刷から製本まで専門業者に依頼した方が完成度の高い同人誌を仕上げることができます。
印刷業者依頼する場合は個人でもokですから、本格的な同人誌を作成したいのならば同人専門に受注を行っている業者へ印刷を依頼しましょう。
原稿が仕上がったら業者へデータを送るのですが、アナログで作成した場合はデジタル化して入稿をするのは難しいので、実際の原稿を印刷業者へ郵送する方法と印刷業者が近くにあるならば原稿を直接持参するという方法があります。
最初から原稿をデジタルで作成した場合は、データ入稿が可能ですので業者へデータを即時送ることができるというメリットがあります。
商業用と同人用では原稿サイズが異なりますが特別な場合を除いて基本的に漫画の作成方法は同じです。
デジタルで作成する場合は漫画専門のソフトを作成するのが一般的ですので、同人を作成するときは同人用のフォーマットを選択しましょう。
漫画専用ソフトではトンボや断ち切りなどがあらかじめ設定されている場合がほとんどですので、自分で設定する必要はありません。
原稿が完成したらまとめて全てのデータを業者へ送付し、業者で確認を行ってもらって印刷から製本まで行なってもらいます。
用紙の種類や厚さ、単色化カラーによっても料金が異なりますし、部数によっても印刷料金が変わってきます。
手順がわからない場合は、直接業者と連絡を取り合って問題点を全てクリアにしてから発注しましょう。